<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 在庫切れ? | main | 予約始まりました! 〜容疑者室井慎次〜 >>
仰木彬さん逝去
前オリックス監督の仰木さんが亡くなられたとニュース速報で見ました。
球界再編の波にもまれ生まれた合併球団の初代監督として、近鉄・オリックス両方で監督経験のある仰木監督は適任でしたし、仰木さんでなければ船出出来なかったのではとさえ感じます。

激動の一年を乗り切って中村監督にバトンタッチするのが惜しいくらい、とてもカッコ良い監督さんでしたが、本当に体調は悪かったんですね。

監督の要請を受けた頃から体調面の心配から固辞するのではとニュースに出てたくらいですから前から万全ではなかったのかもしれませんね。

そんな状況でさえ、新球団の監督という激務を受け、一年まっとうしたのは凄いです。
よほどプロ野球を愛してなければ出来なかったでしょうね。


素晴らしい人を亡くしました。
ご冥福をお祈りします。
肺がんで亡くなられたみたいですね。
残念です。





ちょっと重い話題ですが、書き残します。


少し前にある講演会に参加したときに聞いたのですが、1950年にガンで亡くなった方は約6万人。
半世紀を過ぎてH16年には32万人、5倍以上だそうです。
一日に877人の尊い命がガンで亡くなってるんです。
この数字を見ると現代医学ではガンは殆ど治せていないんでしょうね。

ちなみに自分はありがたいことに健康体(だと思ってる)ですが、ガンを宣告された時にこうしよう!と思ってることがあります。
抗がん剤の投与は絶対にしないのと放射線治療もしないとの思いです。

これらの現代医学の主となってる治療法は選択しません。
(実際に宣告されたらどう言う精神状態になるかわからないので、今の心情ってことです)
違う方法で治す努力をすると思います。



現在病気に苦しんでる方も色んな情報を元に、最適な治療法を見つけて欲しいなと思ってやみません。
* 23:20 * comments(6) * trackbacks(1) *
スポンサーサイト
* 23:20 * - * - *
 コメント
私は、つけっぱなしのTVニュースで知りました。
現役時代の、仰木さんのことはあまり、存じませんが、一線を退いてからの、野茂投手や、イチロー選手を世に出した、名伯楽としての、力量には、感服いたしました。
一方で、一般の視聴者には、「単なる、酒飲みのオッサン」に見えるような、気さくさも、魅力の一つでした。

ご冥福を、お祈り、いたします。
** べくない * 2005/12/16 12:34 AM *
今朝のめざましで知りました。
残念です。

トラックバックさせて頂きました。
** む〜んらいと * 2005/12/16 6:17 AM *
これは多くの人の目に止まるところに書くべきではないかな、と思いつつ、身近な話なので勇気を持って書く事にします。

一昨年の春、ある男性が腎臓ガンにかかっている事が分かりました。
切ってみなければ詳しい事は分からないが、おそらく初期。
検査した限りでは転移の跡はないので、切除出来れば安心できるらしいとのこと。
彼の母は嘆きました。
「なんで私とお父さんは大きな病気ひとつした事もないのに、息子がこんな目に・・・代われるものなら代わりたい・・・」
約1ヶ月が経ち、手術となりました。
最近の手術は凄いもので、お腹に小さな穴を開け、そこからハサミの付いたファイバースコープの様なもので、まず切除し、その後必要最低限の小さな切開で患部を摘出。
わずか1週間で退院となりました。
しかし切ってみて大変な事実が判明しました。
7センチ×6センチの大きな腫瘍だったのです。
しかしもの凄い幸運にも恵まれていました。
腎臓を包む膜が破れた形跡が無く、周囲には全く転移していなかったのです。
彼はその後、定期的に検査を受けていますが、今現在再発の兆候は全くありません。
腎臓をひとつ失った変わりに、元気を取り戻したのです。

彼とは・・・私の弟です。
** kiyohiko * 2005/12/16 3:06 PM *
>べくないさん
本当に人間味のある素敵な方でしたね。
本当に残念です。

>む〜んらいとさん
命を削ってまで野球への情熱を全うした姿に感動してます。
惜しい人を亡くしました。

>kiyohikoさん
勇気ある書き込み、本当にありがとうございます。
自分も悩んだ末に書き込みました。

和久さんの事や自分より若い友人がガンで命を落として行くのを目の当たりにして、色々と勉強しました。
おいおい、自分の知りうる情報は投稿して行こうと思ってます。
(多分保管庫がわになると思います)

完治したんですね!本当に良かったです。
自分も外科的な手術などを否定してるわけでは無く、緊急時には必要だと思ってます。
アフターケアも大事な要素なので、是非”統合医療”や”ホリスティック医療”や”免疫学”などでも検索されて情報を入手することをおすすめします。
** Dreams管理人 * 2005/12/16 11:30 PM *
私の祖父母は全て癌でなくなっています。
弟もその苦労を乗り越えたわけですが、しかし、私はドリカンさんと同意見です。
理由は違うかも知れませんが、”身体を痛める療法”は選択しません。
もしかすると治そうと努力はしないかも知れません。
「それが自分の運命なんだから!」と。
大きな意味で言えば、増えすぎた人間を淘汰する為に地球という生命体が選択したひとつの生き残る術なんですから・・・

ここで生死にまつわる報告を。

あやかちゃんの手術が今日無事に終了致しました!
術後の経過はHPで随時報告されているのでそちらをご覧下さいませ。
まずは最初の目的は達成!!
なんだか嬉しい気持ちです。
** kiyohiko * 2005/12/18 7:16 PM *
>kiyohikoさん
どうやら同じような考えを持ってるみたいですね(^^)
ゆっくり語り合ってみたい物です(^^)

あやかちゃんは本当に良かったですね!
一日も早く良くなって欲しいです♪(^^)
** Dreams管理人 * 2005/12/19 7:45 PM *
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://odorudorikan.jugem.jp/trackback/270
 トラックバック
仰木前監督死去
オリックスの前監督の仰木彬さんが昨日呼吸不全でなくなられました。 70歳でした。 慎んでご冥福をお祈りいたします。 合掌
| ODORUでスウィングぅ〜!(ベタやなぁ) | 2005/12/16 6:14 AM |