<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今から観ます(^^) | main | お誕生日おめでとう〜(^^)>満腹図鑑さま >>
【ネタバレあり】今の時点での「容疑者 室井慎次」を観て感じたことを書き残します。
CD→初回舞台挨拶のあと昨日ひとりで3回目を観てきた時点での感じたことを書き残そうと思います。
他の方の感想をあまり読まないうちが良いような気がしますのでそろそろ書いておかないとね。(^ ^;Δ フキフキ

それに時間が無くて誰とも語り合って無いので、自分の感情を整理するには良いかもしれませんしね。


脈絡も無く色んな事柄が出てくると思いますし、書く順序が思い入れの深さかと言うとそうでもありませんので気にしないで下さいね。
それとこれはあくまでドリカンが感じたことであり、他の方と感じ方が違うかもしれません。
そこは違う人間なんだからしょうがないとご容赦下さい。

コメント頂けると嬉しいです、違った意見でも・・・・
但し非難だけは勘弁して下さい。



激しくネタバレしてると思いますので観ていない方は要注意です。m(__)m










〜野口江里子さんの日記を読んでおいてよかった〜
少なくとも自分はそう感じました。
上京する新幹線の中で23〜26日の日記が更新されてるのに気づいて携帯で読みました。
室井さんが懐古するシーンで日記の場面が甦り、心にしみました。



〜田中麗奈as小原久美子弁護士〜
田中麗奈さんの作品って殆ど見たこと無かったのですがとても良かったです。
素敵な女優さんですね。

女優さんって目が凄いですね、多くの場面でそう思いました。
プールから上がったところは一瞬「すみれさん?」って見紛う印象を受けて驚きました。

室井さんとご飯を食べるシーンは気持ち良いですね(^^)
足を伸ばして食べてるところが小原久美子らしいなと思います。

感動したりして強いインパクトを受けると体中に”ざわっ!”って感じが走りますよね?
自分は小原が室井さんを灰島事務所から連れ出し、室井さんに詰め寄るシーンで来ました、”ざわっ!”が・・・・

感動したのか?って問われると「う〜〜ん・・・・」と即答できません。
感動した”ざわっ!”とちょっと違うんです、上手く説明できませんが。
でも小原に強いものを感じました。

とても小原久美子に惹かれました、田中麗奈さんも好きになりそうです。



〜一番涙を流した場面〜
新宿北署を去ろうとする新城さんに工藤刑事が訴える場面です。
男気って言うより、悔しさが滲み出てて泣けました。

もう1シーン上げるとすれば喫茶店のシーンでしょうか?



〜哀川翔さんas工藤刑事〜
良かったです!最高でした。
実は翔さんの作品はあまり観ていないのですが本当にいい味出してます。
感動しました。

ひとつひとつの仕草に無駄が無いというか洗練されているというか・・・
凄い役者の上にギバさんへの思いもこもってる演技は凄まじいとさえ感じます。
それはラストの空を見上げるシーンですらそう思います。



〜警察庁と警視庁〜
勿論自分は違いはわかりますが、一般客はついてこれるのか?って思いました。
少なくとも自分に踊るの世界を教えてくれた嫁さんには判りませんでした。

踊るファンだったら当然判るだろう闘争が一般客に受け入れられるのかどうかは自分にはわからないです。
そこは少し心配になりました。



〜何故広島県警なのか?〜
記憶があやふやです、誰かご存知の方がおられたら教えて欲しいです。
吉田元副総監って広島のご出身では無かったでしょうか?
あるいは広島県警に在籍履歴があったか・・・・・

退官されたわけですから引退ですよね?
って言うことは既に警察組織から身を引いてるのでは無いかと思うのですが、もしかしてまた吉田元副総監が救ってくれるのではないかと期待しています。



〜画の創り方〜
本広映画に慣れてしまってるからでしょうか、新鮮でもあり物足りなさ・違和感も感じました。
ただどっちが良いとかそう言う意味じゃ無いんです。
こう言うのも有りだなって思いました。
(スピード感の要る映画では無いでしょうし)

闇の作り方は良かったですね!
室井さんの勇気が消えそうになるところに光りが射すところはとっても好きです。



〜真矢みきさんas沖田仁美管理官〜
男気を感じました。
怪文書を握り締め、悔し涙を浮かべる姿に感動しました。

沖田さんには確実に変化が見て取れますね。

室井さんに恩義を感じる姿は勿論ですが、ラストシーンで現場にいる姿にそれを強く感じました。
自分にとっては象徴的なシーンのひとつですね。

あと新宿北署に入ってきて小声で灰島に語りかけるシーン・・・相手を圧倒する沖田管理官が素敵でした。

しかしお綺麗ですねぇ〜〜〜真矢さん。
舞台挨拶でのお茶目な受け答えも素敵でした。

無くてはならない存在になりましたね!
今後にどう絡むかとても興味があります。



〜青島の想い〜
「なにやってんだ!我等が室井さんが!」でしたっけ?<台詞
言葉尻だけ捉えれば失望感を感じます。
でも違うのでしょうね、きっと。
袴田課長の顔がそれを証明してると感じました。

青島はそれでも不安だったのかなぁ・・・・
室井さんが警察辞めさせられちゃうかも知れない。。
辞めなくて済んだけど今度は広島・・・・

でもきっと本能的・楽観的に大丈夫だと思ってるんでしょうね、そう思います。
「きっと帰ってくる」
そう信じてると思います。



〜覚悟を決める〜
辞表を出して捜査をする覚悟・・・・凄まじさを感じます。
それでも真実を明らかにしたかった・・・・

その室井が最後に変化を見せる・・・これは何を語っているのか?

正直自分もわからないです。

上村巡査も追い詰めてしまった。
きっと今までの捜査でも沢山そうしてきた。

正義を貫くために・・・


「もういい。もういいんだ・・・」


とつぶやいた室井は違った覚悟を決めたんですよね。
「人が死に、沢山の人が傷ついた」この事件の真実が明らかにならなくても致し方無い。
そう覚悟を決めたんですよね。

辛かったでしょうね。


恋人を追い詰めてしまった過去・・・これが室井の心中に影響を及ぼしたのは想像がつきます。
でも目の前に居るあんなやつらまで見逃して良いのか?

それでも室井は逃がそうとした(結果としては沖田の登場で真相はわかったものの)


「人を救おうともせずに・・・」

室井の中で変化がおきている・・・ただ自分には何が室井にそこまで言わしめたのかはわからない。

今後の室井の言動でしかわからないとすれば、自分にとって続編の必要性は今までより高くなったのは確かかなと感じます。


何が室井にそこまで言わしめたのか?

自分的に納得できる日がくるのを期待します。



〜一倉の焦り〜
部下の不祥事で降格(?)を余儀なくされた焦りがよく見えますね。
パニクってる様にさえ感じます。
新城との差を感じました。



〜筧利夫as新城賢太郎〜
ある意味、新城の映画だなとも感じます。
ここに書き残す感覚は新城への思い入れの強い人に大変失礼な気もします、どうかご容赦の上ご意見が頂きたいなと思います。


室井さんの変化にまだ自分が納得できていないように、新城の変化にも戸惑ってます。
弐号機と呼ばれてた頃の新城であれば室井を切ることは出来たはず・・・でも出来なかった。


なぜそこまで室井に固執するのか?

いくら工藤刑事はじめ所轄捜査員の思い入れがあったとしても、以前の新城だったら意に介さないはず。

本当に「兵隊は犠牲になってもいいのか!」と言い放った瞬間に変わってしまったのだろうか?(少しは変わったとは思いますが)

自分には解せない。


事件解決後、一旦は新宿北署をあとにしようとした新城。
この時点で室井の処遇をどうしようとしていたのだろう?

このあと工藤刑事とのやりとりがあり、室井に救済人事異動を言い渡すのは映画を見た人なら周知の事だと思うが、工藤刑事とのやりとりが無かったらどうなっていたのだろう?

少し想像をすると、この時点でも処遇を迷っていた・・・工藤刑事がとどめをさしたってことなんでしょうね。

勿論自分は室井が警察に必要だと思っています。
でも新城にとって室井の持っている何が警察に必要なのか?

やはり新城も「今のままの警察組織ではだめだ」と感じているのでしょうか?
だとすれば、新城もこの先茨の道を歩むのかもしれませんね。

超個人的にはそれもまた希望でありますが・・・・



〜交渉人と容疑者の違い〜
判り難い表現ですが自分的には内向きと外向きの違いを感じます。

交渉人は作品の中にとても多くの謎を残した作品だと思います。
犯人は死んだのか?
複数犯なのか?
犯人の本当の目的はなんだ?

あっさりオタクの遊びの事件で犯人は死亡・・・と捉えれば完結できます。
ただそうは思えなかった。(その後亀山さん他が真下2への布石のような発言をしてるのも、自分的には合点が行きます)

そう言う意味で作品の中へ妄想が膨らむ作品でした。


これに対して容疑者は外向きと感じてます。
前述したように室井や新城の心中を全て理解できてはいないのですが、物語は完結してると感じました。

ただしその結末が”室井の広島行き”であるところが問題です。

この先室井さんはどうなっちゃうの??

自分もめっちゃ不安です。



踊る大捜査線の世界観に結末があるとすればどんなものだろう?
自分には想像も出来ません。

室井さんが警視総監になって警察組織を変えて行く、そして現場との風通しが良くなり青島との約束も果たせた!
と言う様な展開なのでしょうか?
違う気がします。
それまでの紆余曲折は当然あり、描けることは沢山有ると思います。
でもそう言うラストなのかな?

じゃあ視点を変えて、室井さんは広島に行ってしまったきり。
それもありえないと思っています。

じゃあどうなるのか?

と、今後の展開に思考が向くから外向きの作品だと思っています。


そう言う意味で今後の展開を期待させる作品ですね。
ある意味責任が重いとも言えると思います。



〜R・A・Pとラブサン〜
がもう一度聞きたいとの想いを強くしました。



〜一度卒業せよと言われた気がします〜
ひとつショックを隠せない事項があります。
”Special Thanks to ネットワーク捜査員”の文字が無かったことです。

ショックでは有りましたが今は冷静に受け取っています。
ある意味亀山さんや君塚さんが作品で勝負だ!って気概を強く持って臨んでいたんだなと思っています。

勿論容疑者も捜査員に支えられていると思います、一応自分を含めて。

ここからはちょっと恐れ多いことを書きますが、自分はOD2を支えてると自負してました。
背負ってるんではありませんよ、後方支援部隊のひとりってことです。
ちっぽけな支えですがプライドがありました。

人は担げる御輿が有るって言うのはとても幸せなことです。
それを踊るはさせてくれました。
ついていくのではありません、自分の判断で担いできたんです。

じゃあそれと同じだけの想いが持続できていたかと自分に問えばいささか自信が無いと言うのが本音ですね。
これは自分自身の問題ですから自分を責めるしかありません。

卒業というと捜査員を辞めてしまうのかって思われちゃいそうなのではっきり言っておくと辞めません(^ ^;Δ
戦友は裏切りませんから。
これからも自分の判断で活動します。

ただ”卒業せよ”と言われた気がしたのも確かです。
そんな気は無いのだと思いますがそう感じました。
でもそれも良いことなのかなと感じてます。
距離が近すぎても見えなくなることがありますからね。

これからも愛すべき踊るの世界を楽しんで行きたいと思います。



〜柳葉敏郎as室井慎次〜
いやぁ〜期待を裏切りませんでした、素晴らしいです。
ギバさんって本当に室井のことを愛しつつ重いものを背負ってるんだなと思いました。
室井さんのシーンで特に好きなのが2つあります。
ひとつは喫茶店のシーンではじめは管理官の口調のように話していて、途中で話し方が変わる所です。
室井という人間味が溢れてるなぁと感じました。
もうひとつは辞表を出した後新宿北署で捜査員を前に語るところです。
7年間演じ続けてきた重みと迫力を感じます。
圧倒されました。

柳葉さんに敬礼をしたい気分です。



〜スリアミ〜
やっぱいいですねぇ〜〜〜
あの3人も居てこそって思いますね(^^)



〜セット〜
新宿のセットは聞きしに勝る迫力ですね、驚きました。
確かにあれだけのシーンを撮ろうと思ったら許可は出ないかもしれませんね。




とりあえずこんな所でしょうか?
また再度映画を観て、みなさんの所感を読んで自分も再考してみたいと思います。
最後までお読み下さってありがとうございます。m(__)m
* 21:20 * comments(18) * trackbacks(1) *
スポンサーサイト
* 21:20 * - * - *
 コメント
 こんばんは、オドログから飛んできました。
 ドリカンさんのご意見に触発されたので、またいろいろと書いてみたいと思いました。
** みや * 2005/08/30 1:37 AM *
>みやさん
今回は自分の言葉で自分の想いを書き残しておくべきだと感じたのでそうしました。
少なからず野口江里子さんの日記に影響を受けています。
** Dreams管理人 * 2005/08/30 2:20 AM *
さっきのコメント途中で間違えて
おくっちゃいました…!!
けしといてください。ごめんなさい。
***********
気を取り直して・・・。
***********

これ、私も実はそう思ったんです。

「一度卒業せよと言われた気がします〜
ひとつショックを隠せない事項があります。
”Special Thanks to ネットワーク捜査員”の文字が無かったことです。」

でも、よく考えてみたら、
「公式サイトでエキストラの募集がなかった」
ってだけかな、って気がします!
そう理解することにしました(^^;)
直接はスタッフとしてなにか動いた
わけではないですから・・・って。
あまり深い意味はないのでは・・・
って思っています。

映画本編の感想は
私はまだ1回しかみてないので、
安易な感想がかけないため、
もう2回くらい見てから
自分で考えてみたいと思います!!
** みゆ * 2005/08/30 9:56 AM *
読ませていただきました^^
まだ表面的な感想しか思い浮かばないので
今度はいろんな想いを探りながら じっくりと観てみたいと思います

それと ”ネットワーク捜査員”の文字の件。。
みゆさんも書いていらっしゃる通り 私もそう思いましたよ^^
** riko-riko * 2005/08/30 3:59 PM *
>みゆさん
>「公式サイトでエキストラの募集がなかった」
なるほど!確かにそうですね。
公式サイトから公募があった場合には載せようと言う規準があるのかもしれませんね、線引きは必要ですから・・・

ただ深い意味が無く載ったり載らなかったりするのならやはり”卒業せよ”ってことなのかな?って思います。
熟慮の上削除されたものだと信じたいです。


とまたこんな事を書くと誤解を受けるかも知れないのでちょっと雑感を補足。

あ〜言うメッセージが有ること自体が贅沢で幸せですよね。
ある意味有るもんだろうと傲慢になっていたのかなと反省してます。


”愛”とは求めるものでなく、与え続けるもの・・・
と再認識しましたです、はい。(^ ^;Δ フキフキ


>りこさん
やはり気になりますよね、それだけ勲章だったってことなんだと思います。

大切なもの・・・なんだと思います。
** Dreams管理人 * 2005/08/30 8:32 PM *
こんばんわ。
ドリカンさんの思いに対して、書き込みすることが反することかもしれません。
なぜなら、まだ映画を見ていないということです。
ただ、完全ファイルを読んでいて同じことが気になりました。
ネットワーク捜査員の文字がありませんでした。
皆さんの言うとおり、募集もなかったので載っていないのだと思いました。
これから映画を見た時にどう思うか、またここに来て書き込みしたいと思いますがよろしいでしょうか?

** スマイル * 2005/08/30 8:58 PM *
>スマイルさん
はい、是非書き込んで下さいね!
全然OKですよ!(^^)
** Dreams管理人 * 2005/08/30 10:19 PM *
私はまだ一回しか観ていませんので、ちょっと整理出来ていません。
っが、一回目の感想をボチボチとオロドグに書いて行こうと思っています。
シンジョラーとしましては(笑)、いっぱい感じるところもありすぐには書けない状態です。
ひとつ言えるのは、私は新城さんは室井化はしてないと未だに思っています。
室井さんを警察に必要だと判断したのはどの時点だったかを今考え中なのですが、少なくとも工藤さんの懇願のためではないと思います。
一旦帰ろうとしたのも、室井さんが警察庁に戻って来てから一連の辞令を出そうとしていたのではないでしょうか?
少しひとの情と言うものを大切に思うようになったには、工藤さんの必死な叫びに心を動かされ、この場所で室井さんに通達して現場の刑事達を安心させたかったのではないかと。

またゆっくりブログに書いて行きます。

あと「警察庁警備局公安課課長」は大杉漣さん演じる横山邦一さんです。
警視庁公安部部長は『交渉人』では矢島健一さん演じる菅野でしたが、彼は今警備部部長なので、今は誰かわかりません。
「国家公安委員会」は一応は「警察庁」の上部組織になり、国家公安委員会委員長(俗に国家公安委員長)は国務大臣です。
** 榊 真央 * 2005/08/31 5:35 PM *
>真央さん
コメントありがとうございます。
オドログも読ませて貰いました、色々感じることがありますね。

あと公安に関する記載ありがとうございます、つい真央さんに頼っちゃって(^ ^;Δ フキフキ

自分も関連本解禁しましたので熟読します。
** Dreams管理人 * 2005/09/01 10:26 PM *
ドリカンさん、張り込み、ありがとうございました。

そのお礼と言っては何ですが、オフィシャルではちょっと書けない情報をこちらにお教えしたいと思います。


まず、なぜ広島か。

これは、パンフを読んでいただければ分かると思います。
君塚さんとしては、最初、広島を舞台で容疑者をやりたかったが、企画書を持っていったところ、亀Pに却下された。
なぜ、君塚さんがそこまで広島にこだわるのかはわかりません。
しかし、ここから、重要なネタバレを披露します。
読みたくない方はスルーしてください。










大阪オドログでの亀Pの発言。(確か6月頭でギバはアップしたばかりで、もちろん初号も出来てなかったころです)

「室井は警視庁を離れます。」

もうお分かりでしょうが、これだけで会場は騒然です。
ドリカンさんも、皆さんも、これを聞かせられれば黙っていられなくなる気持ち、わかりますよね?

で、私達は聞きました。
「じゃ、青島くんとの約束はどうなちゃうんですか!!」

亀Pの返事。
「何も警視総監になるのは警視庁にいなくてもできるでしょ?」

??意味が解りませんでした。
だって、警視総監ですよ??
警視庁のトップですよ?
それは警視庁にいなきゃなれるわけないでしょう。

ま、それは置いといて、私達は亀Pの次の言葉を待ちました。
そしたら、なんて言ったと思います?
「『踊る大捜査線』の看板は、織田くんじゃないと使えない。だから今回スピンオフとして、2作品作りました。室井も青島に次ぐ重要なキャラだけど、青島以外では『踊る』は出せない。
『踊る大捜査線』の舞台は、いわずと知れた湾岸署。つ
** 強行犯係 * 2005/09/03 2:37 PM *
すいません。
上の方読んだら、なんか、まだ未見の方がいらっしゃるようなので、亀P重要ネタバレの顛末をこの後まだまだ書いたんですが、どうやら字数が多すぎて切れちゃったみたいなんで、止めときます。
** 強行犯係 * 2005/09/03 2:46 PM *
ドリカンさんの感想を私なりに考えさせていただきました。
>室井さんが懐古するシーンで日記の場面が甦り、心にしみました。

もうこれは「泣きなさい」シーンでしょう〜〜!
これ以上切ないシーンないっすよ〜(TДT)

>〜田中麗奈as小原久美子弁護士〜
素敵な女優さんですね。

この子可愛いっすね。
ていうか、発声がはっきりしてるから、聞いてて聞きやすかったです。

>新宿北署を去ろうとする新城さんに工藤刑事が訴える場面です。

これはサイゼや湾食で語り合ってて男の人はここで泣けたと言ってました。私も泣けました。

>警視庁と警察庁〜

これは本当に分かりづらいものの極致です。昭和天皇も、ついに分からないまま崩御あそばされました。


>踊るファンだったら当然判るだろう闘争が一般客に受け入れられるのかどうかは自分にはわからないです。そこは少し心配になりました。

自分もそれが心配なんです、実は。

>〜何故広島県警なのか?〜
記憶があやふやです、誰かご存知の方がおられたら教えて欲しいです。

あ〜う〜これは上にも書きましたが、何故君塚さんがそんなに広島にこだわるのか、自分も知りたいです。

>〜画の創り方〜

そうなんです。この2作品は対照的なんですよね。
本広組はハリウッド映画。対して君塚組は純日本映画なんですよ。
君塚作品に対して、「踊るらしくない」という非難の声が上がってるのは知っていますが、私は違う局面もありなんじゃないか、これでもしかしたら踊るの幅が広がるんじゃないか、とそう解釈しましたが。

長いので一旦切ります。
** 強行犯係 * 2005/09/03 3:10 PM *
>真矢みきさんas沖田仁美管理官〜

思わず「兄貴!」って言いそうになりました(笑)
それから、言葉の最後に何でも「ボク」ってつけるのが今自分達の間で流行ってます(爆)

>青島はそれでも不安だったのかなぁ・・・・

はっきり、私、今回青島目線で見ちゃってたんですよね〜。だから、青島の室井さんに対する思い、自分に力がないことへの焦り、そういうものが自分の中に伝わっていました。

>でもきっと本能的・楽観的に大丈夫だと思ってるんでしょうね、そう思います。

そう!青島は本来お気楽な性格ですから。でも自分の信念は曲げない。室井さんを信じてるからこそ、きっと一人でも大丈夫だと思ってると思います。


>〜覚悟を決める〜
その室井が最後に変化を見せる・・・これは何を語っているのか?

すみません。長くなるので、自分のオドログに書きます。
お手数ですが、そちら見ていただけるとありがたいです。
** 強行犯係 * 2005/09/03 3:24 PM *
1日の映画の日に「○鉄東宝1」で観ました。
内容的に1回観ただけでは?の部分が多かったです。

>観覧車のじいさんは何者なんでしょうか?
新城の父親?元キャリア?

>沖田管理官が灰島に囁いた言葉?
何をいったんでしょうか?

>警察幹部の詰めていた場所はどこ?
やたら古い工事中のような場所でしたが?

私もエンドロール見てて「ネットワーク捜査員」が入ってなかったのに気がつきましたが、ドリーさんが心配するような事はないと思います!

でも田中麗奈ちゃんは可愛かった!
** サンダー6号 * 2005/09/04 9:34 PM *
ドリさんや皆さんのネタバレ読んで、みなさんすごく観察してるなぁ〜と関心してました。。。

容疑者は、1回観に行きました。(あとは劇場へ観に行くことはないでしょうけど・・・)
少しだけ思ったこと書いてみます。



〜野口江里子さんの日記を読んでおいてよかった〜
>これは私も思いました。 野口さんの日記のシーンで、私ひとり ( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン と頭振ってました。。。


〜田中麗奈as小原久美子弁護士〜
>田中麗奈さんは、私の中ではあまり好きなタイプの女優さんではなかったですが、小原久美子弁護士の田中麗奈さんは、すごく好きです! スキになりました。

食事のときの足を伸ばして食べてる姿が、とても好きですね!
ストーカー事件以来、地味な服にしてるらしいけど、そこがまたシンプルで背伸びしていない感じに思いました。
小原弁護士のイメージで田中麗奈さんをみてしまいますね!


〜警察庁と警視庁〜  踊るファンだったら当然判るだろう闘争が一般客に受け入れられるのかどうかは自分にはわからないです。
そこは少し心配になりました。
>確かに判りにくいですね! 私もTVシリーズなどではよくわかりませんでした。。。


〜真矢みきさんas沖田仁美管理官〜 & 〜筧利夫as新城賢太郎〜
>沖田管理官の室井さんへの恩義、新城さんの室井さんへの人事異動を言い渡す姿、これを見たときは (―_―) 「ん??? 変わった?」って感じました。 どこをどんなふうにとは言えませんが、二人の仲では確実に室井さんへの気持ちが変わったんだなーと感じました。


もっともっとありますが、このくらいにしておきます・・・。

もう1度くらいは、スクリーンで観てじっくり観察したいですね!
** ぶる〜すた〜 * 2005/09/05 5:05 PM *
>ぶる〜すた〜さん
一度と言わず、もう何度か観ませんか?(^^)


>サンダー6号さん
一回観ただけでは判らないところが多いかもしれませんね、何度か観て且つ関連本やパンフレット見るとわかることがあるのではないでしょうか?

>ドリーさんが心配するような事はないと思います!
サンダーさんがそう思われるのであればそうなんでしょうね(^^)


>強行犯係さん
パンフが未見だったので読み終わってからレスしようと思ってたらレスが遅くなりましたm(__)m

まず映画未見の方に気を使わなくて良いですよ!
【ネタバレあり】としてある所にコメント下さってる訳ですからご承知のことと思いますので(^ ^;Δ フキフキもしお願いできるのなら是非続きが知りたいです。
書き込みをお待ちしてます。m(__)m

ほんと広島にはどういう想いがあるんでしょうね?
自分が書いたように吉田元副総監や沖田さんも広島県警経験者・・・・
どう話が展開されるのか気になりますね。

強行犯係さんのおどろぐ楽しみに読みます(^^)
** Dreams管理人 * 2005/09/05 9:30 PM *
すご〜〜く遅ればせながら、17日やっと観に行けました。
主人と行ったので、まず主人のコメントから
(主人は捜査員ではありません)
○もっと時間を長くしないと、映像のぶつ切りのようで、つながらない所があった。
○あれは誰?
○工藤刑事のセリフが、よく聞き取れなかった。
○2本の映画ともどっちもどっちという感じ。

以上が主人の感想でした。

私は、上映前からオドログや本などで、情報がある程度入っていての観覧、リンクを探したり、これまでのストーリーとのつながり人物像など、予習してイメージ膨らましていました。
これが、ストーカーの事件、これが、日記の続きなどなど・・・。
観方はそれぞれだと思いますが、今までの踊るとはやはり違った感想を持ちました。

何方かが書き込みしていらっしゃいましたが、日本映画の感じがしました。
今までの踊るは、ドラマの映画化のようで判りやすく(これはドラマを見ての映画だったからかもしれませんが・・・)今回の室井真次は映画そのものだったような気がします。
うまく説明ができていないと思いますが・・・。

「正義」「勇気」の室井さんの映画だった。
映画だったんです。
言い方が、悪いですが捜査員と仲良くお遊びしながら(協力してもらいながら)つくるのではない。
だから、卒業せよ!という感じがしたのではないでしょうか?

観る人それぞれの思いがあっていいと思います。
私はこれからも捜査員として皆さんと楽しく踊るを満喫していきたいと思っています。

今頃こんなコメントしか出来なくて申し訳ありません。
ドリカンさんと約束したので、書き込みさせていただきました。
** スマイル青島 * 2005/09/20 9:38 AM *
>スマイルさん
コメントありがとうございます。(^^)

ご主人さんのコメントには頷けます。(^ ^;Δ フキフキ
多分そう言う側面を持ってるだろうなぁと思います。

日本映画的だなと自分も思います。
本広さんの画の創り方になれちゃってるんでしょうね。

自分も室井映画は「とにかく作品を見てくれ!」って感じがして、これも有りだなと思ってます。

自分も満喫して行こうと思ってますよ♪(^^)
** Dreams管理人 * 2005/09/20 10:48 PM *
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://odorudorikan.jugem.jp/trackback/137
 トラックバック
今週土曜!ムロツヨシ出演!「逃亡者・木島丈一郎」!
ムロツヨシニュース!(ここをクリック。) 「サマータイムマシンブルース」、「交渉...
| いってきマす。 | 2005/12/12 11:09 PM |