<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
テキスト日記の方がその時の情景が鮮明に蘇る不思議
blogを書きはじめてから10年以上経ちます。
元々はblogなんていう言葉が無かった頃、OD2本店の捜査日誌を書き始めたのがきっかけですね。

当時の捜査日誌は画像なども貼れず、リンクも貼れないものでした。
なのでもっぱらテキスト日記なわけです。

最近では画像を残す日記が多いのですけどね(^ ^;Δ フキフキ


写真や動画も今ではスマフォで簡単に残せるので楽しいです(^^)
つい、昔の写真を懐かしんだりしちゃいます。


だけど不思議なことに、写真の無いテキスト日記の方が、その時の情景をありありと思い出せるんですよね〜〜〜
まぁこれは自分の性分だと思いますけど(^ ^;Δ フキフキ



3月9日 サンキューの日

大好きで・・・尊敬してて・・・とても大切な仲間が亡くなった日です。

ホント、ありがとう・・・・だよな・・・って思います。


葬儀に参列させてもらった時の光景は、未だにハッキリと蘇ります。

当時書いた日記を読むとなおさらです。
暖かくてまわりの人を幸せに出来る人になりたい


写真一枚も無い日記です。


心に深く残った情景は、不思議とテキスト日記ですね。
このときの日記やお台場で捜査員さんとご一緒した時とか、えびさんかくほさんの結婚式の時とか・・・

テキストで長々と書きたくなっちゃうんですよね(^ ^;Δ フキフキ


自分よがりな読み辛い日記ですが、自分はたまに読み返します。
(ナルシストみたいですね(^ ^;Δ フキフキ)
不思議と書き終えてしまうと、読者になっちゃうんです。。。

”過去の自分”が書いたものになるんですね、きっと。


自分にとっては”テキスト日記”が一番鮮明に想い出を記憶するのだと思います。

あまり一般的では無いと思いますが・・・(^ ^;Δ フキフキ




捜査員さんとは、遠くに居ても”繋がっている”って感じられるのが嬉しいんですよね。
ラブサンの歌詞のとおりです。


狐さんと繋がっている感覚は、ずっと感じられます。


見守ってくれているんですね、ずっと。


ありがとう♪
* 22:16 * comments(0) * - *
39(サンキュー)の日

今日は3月9日、39(サンキュー)の日ですね(^^)
生きとし生けるもの全てに感謝します。

ありがとうございます




2年前ですね、本当に悲しい別れが突然来ました。

その時のblogを読み返して(つぃして)、「もう2年経つんだ・・・」って思いました。



今でも狐さんは、自分たちの事見守ってくれているという実感があります。

不思議と、そう思います。





話しは変わりますが、実は自分を責めています。

どんな風に思われてしまうか不安な面もありますが、想いをぶちまけてしまいますのでご容赦ください。







「なにやってんだ俺は・・・」って。

自分は2度、深い後悔をしています。

2003年と2010年に。


2003年のOD2公開直前に、旧職の後輩を肺ガンで亡くしました。

2010年は狐さんです。



実は自分はガンや難病を克服したという事例を沢山知っています。

親父は去年他界しましたが、6年前に患った食道ガンはそれで消えてしまいました。


それを、大切な二人に伝えられなかったと言う後悔です。



自分は医者では無いので「治る」と言ってはいけません、薬事法に触れます。


でも、自分の周りに沢山それで回復した人を見てきました。



なのに、大切な・・・とても大切な人には伝えられなかった。



それが悔しくてたまらないんです。




なぜ伝えられないのか?

実は答えは自分で分かっているんです。


自分が商いで扱っている商品だからです。


「なんか売りつけようとしてる」って思われるのが嫌なんですよね。



自分は「みんなに幸せになって欲しい」と思っています。


心身ともに健康に暮らす

地球を綺麗にして子どもたちに残す


それが幸せなんじゃないかと思っています。



それを実現できる商品を手にしているにもかかわらず、大切な人に伝えられない自分が悔しいです。



「みんなに幸せになって欲しい」って言う想い、まだまだ本気じゃないんだな・・・

そう自戒しています。



もう、後悔したくない・・・

大切な人を失いたくない・・・


今日はそういう思いを新たにしました。



大切な人のために精一杯のことはした・・・

そう言える自分になります。



うるさく「商品買って!」って言ったらごめんなさい。

うるさく「カラーやパーマは安全を確かめて、ちゃんとサロンを選びなさい!」って言ったらごめんなさい。

うるさく「安全・安心な商品を選んで使って!」って言ったらごめんなさい。


嫌な思いしたらごめんなさい。


想いを一方的に話してごめんなさい。



ドリカンはドリカンなので、嫌いにならないでね(小心者です(^ ^;Δ フキフキ)



このblogの最初に書きました。

今日は3月9日、39(サンキュー)の日ですね(^^)
生きとし生けるもの全てに感謝します。

ありがとうございます


狐さんは今でも自分の中で・・・沢山の捜査員、沢山の仲間の中で生きています。

ありがとうございます

* 21:26 * comments(0) * - *
ふと思った・・・の続き

昨日のblogも読んでみてね♪(^^)


出会いは偶然では無く必然



ってよく聞きます




偶然だよなぁ〜〜〜って思いつつ

それにしてもありえない出会いが沢山ある



踊るが無ければ、これを読んでくれてる人との出会いって無かったのかも


踊るがあっても、それを自分が好きにならなければ

それに、あなたも踊るが好きになってくれなければ

捜査員登録しなければ



出会えなかったかも




って言うことは、出会えたってすごくないっすか?










出会いには意味がある



とも聞きます





踊るというコミュニティで

沢山の仲間と出会えた




それって、どう言う意味があるんだろう・・・って










幸せって、ひとりだけの幸せはありえないと思う










みんなが幸せであってこそ、自分の幸せってある気がする








みんなと出会ったのって・・・







みんなで幸せになるためなのかな?

って、ふと思った







ふと思っただけなので、正解とか間違いとかではないんだけど









そう思いました
















みんなで、幸せになろうね♪(^^)

* 20:47 * comments(0) * - *
ふと思った・・・

さっきつぶやいたけど



踊るに出会ってなければ、blogもtwitterもfacebookもやってなかったかもしれない

踊るに出会ってなければ、こんな沢山の仲間と出会えることはなかったかも




和久さんも言ってたけど


「想いは叶うから・・・」って



よく言われるよね

想いは叶う・・・って





でも、なかなかそれが信じられなくって・・・




最近少し分かったことがある




願望は現実化しない



具体的にイメージできたものが具現化するってこと





やっぱ体現しないと、信じられないよね





踊るはそれを体現させてくれた、素敵なコミュニティです





はじめに、想いがある



それがなければ、何も生まれない




そして、具現化したときの場面が鮮明にイメージできた時





それは必ず実現する






それを踊るは教えてくれた気がします









捜査員になれて、幸せです

* 00:02 * comments(0) * - *
いままでありがとう!


画像は先ほど撮ったブルーチタンのジッポです。
結構色が剥げたりしていますが、ボロボロって言うわけではなくて、本当に質の良い物だったと改めて思います。

手元に届いたのが2003.7.26でした。
8年の付き合いです。

それまでにもジッポは好きでいくつか購入したのですが、何故か落としたりして身につかず・・・

ここまで永く愛用したものは、これが最初で最期ですね。


ローソンカタログ発表時には現物が間に合わなかったみたいで、写真ではなくイラストでした。

集う@名古屋で久保さんが「すごく良い出来ですよ〜〜」みたいなことをおっしゃっていて、その後久保さんの日記で現物写真がアップされて購入を決めました。

本当に思い入れの深いグッズです。






しかし、今日でお別れです。



勿論大切に保管はしますが、火を点けるという役割は今日が最後になります。




色んな想いを抱えながら、今日で煙草を止めようと思います。

煙草との付き合いはかなり永かったですね。
沢山の思い出があります。


最初に吸ったのがマイルドセブンで、最期がアメスピの黄色。


辛い時も、楽しい時も、煙草は自分の相棒でした。


いままで本当にありがとう!






沢山の思い出と、沢山の感謝と・・・・



言葉では言い表せないです。




いままでありがとう!
* 21:48 * comments(6) * - *
原発がらみのことばかりですみませんm(__)m

このblogを読んで下さってるのは捜査員さんが多いと思います。
自分のTLやRTが原発がらみのことばかりですみませんm(__)m
目障りでしたらほんとごめんなさいm(__)m

ちょっとだけ話しをさせてください。

自分は今回起きた原発事故を想定していた警鐘を2007年当時から情報として知っていました。

なのに・・・

自分が本気じゃなかった

ことに胸が張り裂けそうでした。


仲間を・・・
福島を・・・
日本を・・・
地球を・・・

汚してしまって本当に辛いです。


反対!反対!と声高に叫ぶことは、負のエネルギーのような気がして躊躇していました。
不安をあおってるのでは?と躊躇していました。

でも明確に宣言します。
「原発は止めるべきだ」と。

2007年当時もそう思っていました。
今回はちゃんと宣言します。


原発に憎しみのエネルギーを送らないでください。
今までがんばって、自分たちの暮らしを支えてきてくれました。

今までありがとう!
どうか癒されてください。

そう祈ります。


今はツィッターなどですぐに情報が拡散するので、以前のように隠蔽は難しくなりました。
その反面、多種多様な情報が手元に届きます。

今までは政府の言うことや、TVなどの報道のみの情報を信じて生きるしかありませんでした。

でも今は、自分で選択して生きることが可能です。


これからも”ある側面からの情報”として、発信していきます。

自分が発信する情報を信じて下さいと言うつもりはありません。


孫さんじゃありませんが、自分の発信する情報が杞憂に終わり嘲笑されても構わないです。


ひとつの情報として、仲間に知ってほしいものを発信していきます。


大切な仲間に発信していきます。

dorikan

* 11:49 * comments(2) * - *
暖かくてまわりの人を幸せに出来る人になりたい

昨晩0300時頃、先生こと田舎の公務員捜査員さんと地元を出発し東京へ向かいました。
道中は色んな思い出話が尽きず、楽しい時間でした。

かなり早く会場付近に到着、小休憩を挟み会場へ向かいました。

駅から向かう途中から、沢山の戦友との再会。
硬い握手を交わし、少し緊張しながら会場へ向かいました。

会場ではまた多くの再会を喜びあいました。
これもみんな狐さんがくれたもの・・・
本当に感謝です。

ご親族のみなさんとよっけるさん、NIKONさんのご配慮をいただき、ネットワーク捜査員代表として棺を担がせて貰うという大役をいただいた自分は、会場に入りきれない方が多数いらっしゃる中、僭越とは思いながらも会場内で式次第全てに参加させていただきました。

祭壇から見つめてくれている狐さんは、何か言葉をかけてくれている感じがしました。

「ネットワーク捜査員一同」と書かれた供花を見つけたときに、涙をこらえることが出来なくなりました。

弔辞は上司の方、同期の方、そして狐さんの教え子の方からありました。

その全てから察することが出来る狐さんの人柄・・・・捜査員に対してだけでなく全ての人に誠実で暖かさをもって接していらしたことが分かるお話に、とめどなく涙があふれました。

「狐さんと出会えたひとは、みんな幸せだな」 そう思いました。

もちろん、自分も幸せです。


続いて弔電も紹介されました。
お仕事関係のものがいくつか紹介されるのに続いてネットワーク捜査員からの弔電も全文拝読してくださいました。(詳しくはNIKONさんのブログをお読みください)


ご焼香が終わり、出棺の準備はいりました。

ご親族の方から、棺に思い出の品を入れ始める光景を見て驚きました。
ご親族の方が次々と、OD3のチラシやKEEPOUTのテープやタンブラーなどのOD2のグッズを入れているのです。

ネットワーク捜査員の仲間を大切に思う気持ちが嬉しくて・・・・


狐さんがとっても堅いお仕事をされているのは今日はじめて知りました。

こんなことを書くと語弊があるかもしれませんが、ネットワーク捜査員の繋がりはそれ以外の方たちには理解して貰えない関係なのかなと思っていました。

ご家族を大切にし、仕事の仲間を大切にし、ネットワーク捜査員の仲間を大切にしてきた狐さん。
狐さんのその真摯な姿勢があればこそ、「本当に大切なもの」がまわりに伝わるのだなと思いました。

尊敬すると共に、狐さんのようになりたいなと思います。


大事なお役目をいただいた自分は、他の捜査員さんと離れていました。
実は、とっても寂しくて心細かったんです。
こんなおっちゃんが恥ずかしいですよね(^ ^;Δ フキフキ

そうしたら、そんな自分を察してくれたのか、捜査員さんが傍に来てくれました。

「仲間ってありがたいな」 そう思いました。


お花を持って棺に近づき、献花しました。
そのときこっそり、あるカードも入れさせてもらいました。

踊るのグッズやお花に囲まれた狐さんに伝えました。


ありがとう、本当にありがとう


またね♪



多くの捜査員さんの想いを手に、棺を担がせて貰いました。

想像していたより、ずっとずっと重かった・・・・・

狐さんの大きさを感じながら担がせてもらいました。


たくさん、たくさん泣いて、お見送りさせてもらいました。






よっけるさん、NIKONさん、ご親族の方に感謝申し上げます。
ネットワーク捜査員に感謝します。

狐さんと出会えて、沢山の仲間と出会えて、本当に感謝です。


暖かくて、まわりの人を幸せに出来る人になれるよう、一生懸命生きていきたいと思います。

* 22:44 * comments(6) * - *
「またね」

自分は捜査員さんの本名を何度聞いても覚えられません。
と言うか覚える気が無いのでしょうね・・・・(^ ^;Δ フキフキ

本名以外にも年齢、家族構成、ご病気などもあまり詳しくお聞きしないことが大半です。


砂漠の狐捜査員さん
いつも「狐さん」とお呼びしていました。

本店では「室井慎次番外編署名活動」を通して知り合いました。
優しくて暖かい文面から、当初は女性だと思っていました。

はじめてお会いしたのは2003.8.11でした。
その日は集う大捜査線@東京の日、お仕事でイベント参加できなかった狐さんとおはつしたのは夕方頃だったと思います。
メディアージュでした。

スーツ姿だった狐さんを見た第一印象は・・・・

「おっちゃんやん・・・」でした(爆)

女性だと思ってましたからね、無理も無いです。

そして夜は大江戸で濃いオフ会でした。


2003.9.4特番収録の日、収録に参加しないのにお台場入り。
その夜も大江戸で封鎖上映会の想いを語り合いました。

封鎖上映会@三好にも関東から遠征してきてくれました。

そして封鎖上映会@関東

狐さんの活躍ぶりは多くの方に語り継がれています。


今は閉鎖してしまいましたが、自分は所轄サイトを運営していまして、そこの大会議室(チャットルーム)は、本店が閉鎖された以降、そこそこ賑わっていました。

確か2004.1.2だったと思います、深夜に数人でチャットしてました。
そこに狐さんが颯爽と(?)入室され、こんな提案をしてくれました。

「明日のkiss me odaiba最終日に久保さんにお礼のメッセージを送ろう!」って。

タイムリミットは10数時間!

そこから、色んな手を尽くしてメッセージを集め、狐さんが色紙にしたため手渡してくれました。



ネットワーク捜査員同士は距離が離れていても”繋がってる”と実感できた嬉しい事件でした。



関東でのオフ会になかなか参加できない自分は、よくそこの事件現場に居る狐さんに入電をしました。

すると挨拶もそこそこに、まわりのみんなに携帯をまわしてくれるんです。
沢山の捜査員と電話で再会させてくれる・・・狐さんの思いやりには本当に頭が下がります。

本当に暖かくて優しい方です。



話は変わりますが・・・

続きを読む >>
* 15:29 * comments(4) * - *
1月17日 阪神淡路大震災に想う
 こちらのブログを参照ください。
* 22:08 * comments(0) * - *
久しぶりにちょっといい話更新しました。
ドリカンおすすめ保管庫 | 春に想う・・・「父は生きていました」
* 21:47 * comments(0) * trackbacks(0) *
| 1/3PAGES | >>